人身事故の被害にあったら

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

事故不運にも交通事故に遭遇する人は年間を通じてかなり多く、もし自分が人身事故の被害に遭われてしまった際にどう対応すべきなのでしょうか。まずは、警察に通報するだけでなくて、被害者が自分であっても救急車を手配することを忘れずに行いましょう。もちろんケガをしていれば、病院への搬送を行う必要がありますが、身体に外傷が見られなくても、打ち身や頭部挫傷などそのまま放置していると症状が深刻化することもあり得ますので、身体のことはしっかりと診察しておきましょう。

次に必要なことは、加害者も被害者でも自分が加入している保険会社に連絡します。この時点でかなり詳しく事故内容やケガの具合、そして加害者の情報などについて聞かれますので、メモを取っておくと話しやすいでしょう。また、保険会社からの指示で今後のやり取りなどを加害者と直接行ってはいけない旨が伝えられますので、その点は必ず守るべきことなので注意しましょう。

さて、交通事故の被害者になったことで損害の多さに愕然とすることでしょう。それは、病院でまず発生する医療費のこともそうですし、自分自身に収入が家計を支えているのであれば、仕事を休まなければいけないことなど家族にも迷惑がかかる点でしょう。

仕事の最中に事故に遭遇したのならば、社会保険にも加入していることから事後申請で手当てを支給されますが、自営業や日雇いであれば治癒するまで働くことができなくなってしまいます。保証制度に加入していなければ、住居費や生活費すら支払えなくなってしまい、家族で路頭に迷うことさえあるでしょう。こうなる前にまずは保険会社に相談することが大切です。