示談金が低額すぎる!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自分や家族が人身事故の被害にあったら、保険会社に相談して連絡を取り合うことになりますが、割と早いタイミングで相手側の保険会社から示談金の支払いについて提示されます。まだ入院中かもしれませんし、自宅療養中であることもありますが、心身ともにダメージがある中で提示される示談金の額に愕然としてしまうこともあるでしょう。

むち打ち加害者側がどのような保険に加入しているかにより、示談金の額にも差が生じますが、一般的に必ず加入していなければいけない任意保険の場合、人身事故の被害の度合いにもより支給額が決定するのですが、かなり低額であることに間違いはありません。保険会社としても利益を守ることが一番の重要課題ですので、安く抑えられるところはしっかりと抑えようとします。決して騙そうと思ってしている訳ではありませんが、それでもすぐに署名してしまう被害者側もいることから、一旦は低額の示談金を提示してくるでしょう。

このような場合には、自分たちだけで考えていても一向に太刀打ちすることができませんし、交渉なども中途半端な状態が続くことから、弁護士に相談してみることをおすすめします。知り合いがいればいいのですが、大抵の場合にはインターネットで、探す人が多いのでまず無料の相談をするといいでしょう。