弁護士に相談で安心

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故はいつ起きてしまうかわかりませんが、自分が被害者になってしまった場合には、できるだけ早い段階で、まずは弁護士に相談してみましょう。

ケガや入院で心身ともに疲れている中で、保険会社と交通事故示談の交渉が進められていき、診断書や事故の書類などの提出も求められていて、自分だけでは手に負えなくなってしまいます。このように事故後の手続きは手間取ることから、全てを担当してくれる弁護士に依頼することをおすすめします。

そして、加害者側から提示された示談金についても弁護士が介入したことで大きな差が生まれるのです。それは、自分たちだけでは調べようのなかった過去の事故判例について詳しく調べる術をもっているからです。このためにも交通事故を専門に行っている弁護士に依頼するべきでしょう。

お金過去の事故判例を基準に物事を解決へと導くのですが、例えば最初に100万円と提示された示談金を10倍以上にすることも可能なほど弁護士は交渉上手です。しかし、弁護士費用がかかってしまうのではと思っているのであれば、ご自分の保険をまず確認してください。<加入している保険に、弁護士費用特約が付加されている場合は自己負担が発生しません/span>。人身事故の被害に遭遇した場合には、何事も急を要さずに周囲への相談をしっかりと行うといいでしょう。